にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村 最新 ウクライナ情報 美女天国

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウクライナを目指す者達

筆者がウクライナの地域研究を志してから約10年が経過した。その間、日本の諸学会におけるウクライナ人気は、残念ながら低いままである。しかし、ウクライナは、現職クチマ大統領が毎年のように提供する政治スキャンダルによって、論文テーマに事欠くことがない地域なのである。多くの研究材料が手付かずのまま山積しており、十人並な筆者にも充分な活躍の場が残されている。「地域研究者は研究対象に愛情を持たなければならない」という地域研究者の心得からいえば、筆者はクチマ・ファンであると公言することに何ら吝かではない。実は筆者はクチマと2度握手したこともある。同様の理由で、ユリア・ティモシェンコのファンでもある。筆者が現在傾注している天然ガス輸入問題を語る上で、ユリア・ティモシェンコは欠かせないアクターであるからだ。彼女のUESU社は90年半ばウクライナが輸入する天然ガスの1/3を支配し、オリガーキーの一つに数えられていた。しかし、美貌でも有名なティモシェンコのファンを名乗るのは相当勇気がいることである。筆者の学問観のみならず、異性観も疑われかねないからだ。まずはティモシェンコの公式ホーム・ページを見て欲しい。(URL http://www. tymoshenko.com.ua/ukr/photo/5/ )ウェブ広しといえども、これだけ自分の写真をホームページに掲載している政治家はいまい。ただ、肝心の画像ファイルが巨大で、ネット環境が劣悪なウクライナ有権者には閲覧困難である。彼女のホームページは誰を対象としているか、大いに疑問が残るところではある。それはさておき、この「美貌政治家」は旧ソ連内でも特異な存在らしく、ロシア紙では必ず写真付きで取り上げられるし、また、遠くトルクメニスタンにおいても、ニヤゾフ大統領が天然ガス交渉に訪れたティモシェンコに感動したというエピソードは良く知られている(しかしニヤゾフは何ら譲歩しなかったが)。

ところで、我が国の一般のウクライナ観はどのようなものだろうか。おそらく「美女の宝庫」であろう。この日本人のウクライナ観に筆者が初めて気付いたのは、98年長野冬季五輪でIBMが全国紙の広告にエレーナ・リアシェンコ(フィギュアスケート)を大々的に起用したときであった。海外に目を移すと、なんと35年前に、ビートルズが名曲 Back in the USSRの中で、ウクライナ女性の美しさを称えている(同時にモスクワ女性の美しさも称えているが・・・)。ウクライナ本国でも、このようなウクライナ観が共有されている。キエフで白タクに乗ると、運転手から毎回のようにウクライナの印象を聞かれる。「美女が多い」と回答すると、どの運転手も、我が意を得たとばかりに大きく頷くのである。因みにウクライナ男性の話題は宜しくない。一度、運転手に現在イタリア・セリエAで大活躍中のA.シェフチェンコ(元ディナモ・キエフ)の話題を振ったことがあるが、延々とスールキス(ディナモ・キエフのオーナー)の悪行の数々を聞かされるハメになった。同様にブブカ(棒高跳び)の話題はドネツク・クランの悪口に直結してしまう。

スポンサーサイト

ウクライナ美女をGETした方法!!

ウクライナ美女との浮気がバレたことをもう一つのブログに書いていて、思い出したので参考にしてね!!

私が時々行くお店は、ママがしっかり者で女の子がGETした顧客の名前&携帯電話番号をノートに一覧表にしています。

ウクライナ美女達は半年間で帰国して入れ替わりますが、新人が来日すると必ずその顧客管理ノートに記載されてる名簿に来店を促す電話をさせます。

それを裏手に取りました。。。

この店の新人ウクライナ娘はこの手法で経費を掛けずに、一発で何人もGETしました!!


初対面で(1回お店に行くだけでOK!!)・・・・


基本的に私は、初来日のウクライナ娘しか相手にしません。。

初来日の娘が、たどたどしい日本語でママさん&先輩に教えてもらったとうりに電話してきます。

「●●●ーのマリアです。新しい女の子が昨日5人来ました。お店に遊びに来てください。」

営業ですね!!(笑)


先ず確認します。

「あなたは日本は初めてですか?」

これにも答えられない娘だったらOK!!ですね。


2回目とか3回目だったら、

「初めて日本へ来た娘居るの?」

「新しい娘が好きだから、その娘に電話させてよ!」

と言って電話を切ります。

次回は必ず初来日の新人から電話が入りますよ。。。


その時に、最初は日本語で受け答えしますが、いきなりロシア語で話しかけるのです。

一瞬ウクライナ娘は驚きますが、初来日で日本語が理解できない状態ですから、びっくり&喜びますよ!!!

来日して日本語も分からないまま、お店でお客さんの相手をさせられてストレスがあるんですね!!

意思の疎通がママなら無いという・・・!!


ウクライナにはウクライナ語がありますが、過去の歴史上ロシア語を公用語にしていました関係でロシア語もバッチリ通じます。

そんな新人ウクライナ娘に電話で、色々話しかければ良いだけなんですね!

「あなたは、幾つですか?」とか、

「綺麗ですか?」とかくだらないことばかりですが・・・(笑)

そして、電話を切るだけなんですね。。。


そしたら、後は待っているだけです。

数日後、早ければ翌日に又電話が掛かってきます。


「あなたに逢いたいです。お店に来てください。」と。。。

でも、すぐには行きません。。。

5~6回電話をもらって、楽しく話し込んでから

「今日行くよ!!」

お店で初対面ですが、既に何回も電話で打ち解けていますから、すぐに最高に盛り上がります。

なにも、流暢なロシア語が必要じゃないんです。

ちなみにこの方法で外したことはありません!!


具体的なロシア語会話も含めてウクライナ美女をGETしたいなら

金髪美女を恋人にする方法がお手伝いします。。

ウクライナの首相がとっても美人でしたが、世界の美人大国って一体どこなんでしょう?

1.jpg

 この国は美人が多い! という議論は様々なところで繰り広げられてきましたが、結局「美人」という判断基準そのものが個々で違ってくるから一概に「この国の女性は美人!」とは決められないもの。ただ、このほどウクライナの首相がとっても美人だということで、「ウクライナは美人が多い」という説が急浮上! ということで、美人大国はいったいどこなのか探ってみました!

「美女すぎると話題騒然…ウクライナのユリア・ティモシェンコ首相」(らばQ)という記事でも話題にのぼる、ユリア・ティモシェンコ首相(上記画像)をご存知でしょうか?

2005年にウクライナ首相に就任したあと一度辞め、2007年からまた首相に就任している彼女は、美人だから首相になれたわけでなく、事業家として数々の成功を収めてから政界入りした、かなりの切れ者らしいです。まさに、才色兼備といったところ。リーダーがここまで美人だと、一般的にウクライナは美人が多いのでは!?と話題になるのもうなづけます。
プロフィール

花ちゃん

Author:花ちゃん
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。